アートにエールを!

アートにエールを!東京プロジェクトステージ型 応募規約

応募規約をダウンロード
募集受付は終了しました

1 対象とならない企画(動画作品)

以下に該当する企画(動画作品)は対象となりません。

  • (1)応募者以外の作品を無断で利用するなど、第三者の著作権、肖像権、商標権、所有権、その他の権利を侵害するもの
  • (2)第三者の個人情報(氏名や住所等、個人を特定できる情報)を識別できるもの
  • (3)特定の個人又は団体を誹謗中傷することを主な目的とするもの
  • (4)宗教的又は政治的な宣伝・主張を目的とするもの
  • (5)寄付やその勧誘を主な目的とするもの
  • (6)児童ポルノ、差別的・暴力的言動、ヘイトスピーチ、応募者・関係者名を偽った応募など公序良俗に反するもの
  • (7)日本国憲法、法律、政令、条例等社会で定められている法令に違反するもの

2 企画及び動画作品の権利、使用取扱い

  • (1)企画及び動画作品の著作権は、全て応募者に帰属します。ただし、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団(以下「東京都歴史文化財団」という。)は、本事業の広報、記録、報告等のために必要な範囲で、動画作品を、無償かつ通知を要せずに無期限に利用することができるものとします。
    なお、東京都及び東京都歴史文化財団の利用に当たり、応募者は著作者人格権を行使しないものとします。
  • (2)動画作品には、配信環境などの技術的制約により、解像度その他に補正が加えられる場合があります。
  • (3)配信された企画の制作者の名称等の情報は、東京都及び東京都歴史文化財団において、本事業の広報等において利用させていただく場合があります。

3 個人情報の取扱い

提出書類に記載され、東京都歴史文化財団及び事業運営を担う委託事業者により取得された個人情報は、東京都歴史文化財団の個人情報の保護に関する規定に則り、適正に管理いたします。ただし、本プロジェクトの実施及びその事後評価等のため、東京都及び外部有識者に、取得した個人情報を提供することがあります。
また、本事業に関するアンケートや東京都及び東京都歴史文化財団の事業のご連絡をさせていただく場合があります。

4 その他

  • (1) 公演等及び動画作品について、第三者からの権利侵害、損害賠償請求などの主張ないし請求があった場合、応募者の責任と負担で解決するものとし、東京都及び東京都歴史文化財団は一切の責任を負いません。
  • (2) 採否に関わらず、応募に係る費用については、全て応募者の負担とします。
    なお、使用楽曲の著作権対応等も各自で適切に行ってください。
  • (3) 動画共有サービス「YouTube」のコミュニティガイドラインを順守してください。
  • (4) 提出書類等については、一切返却いたしません。
  • (5) 制作支援金の支払い後に、虚偽の申告など募集要項及び本応募規約の規定に違反していることが判明した場合は、支払った金額について返還していただくことがあります。
  • (6) 応募後、連絡先や住所等を変更した場合は、速やかにご連絡ください。
  • (7) 転居等により連絡先が不明の場合は、採択を取り消す場合があります。
  • (8) 審査結果内容等に関するお問い合わせには応じられません。
  • (9) 企画の制作や上演の際には、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、いわゆる「3密」を避けて実施してください。
  • (10)新型コロナウイルス感染症拡大の状況等により、募集要項及び本応募規約に記載の日程、内容等が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承願います。